借金返済シミュレーションを有効活用する

借金返済のシミュレーションをしてみましょう

借金返済のシミュレーション完済への第一歩です。
毎月3000人が利用している借金解決診断シミュレーターは匿名無料で利用できるのが大きなメリット!
債務整理を利用した減額診断でまずは無理のない返済プランをシミュレーションしてみましょう。

 

>>>借金解決診断シミュレーターをちょっと覗いてみる

 

 

借金返済を順調に進めて行くためには計画性がとても重要になってきます。
月々にいくらずつ返済していけばいいのか、このペースで借金返済を続けていくといつ完済することができるのか、というようなことがわかっているだけでも闇雲に返済を続けていくよりも大きなメリットとなります。

 

借金返済の計画に合わせて自分の生活での支出などを見直すこともできますよね。
ですのでこれから借金返済を順調に進めて行きたいと思っているのであれば第一段階として借金返済シミュレーションをすることをオススメします。

 

借金返済シミュレーションと言っても色々な計算があります。
先に完済までの期間を決めてそれには月々いくら返済していけばいいのかというものと、月々の返済金額が決まっていていつまでに完済をすることができるのかというものです。さらにもう一つ、過払い金請求や任意整理など、債務整理の手続きを行って借金自体を減らした上での完済までのシミュレーションというものもあります。

 

そこで、オススメのシミュレーションを紹介します。

 

まず、借金の返済金額が決まっていて完済までの期間や毎月の返済額をシミュレーションしたいという方はプロミスの借金返済シミュレーションが一番信頼でき、わかりやすいと思います。「返済金額」「借入残高」「返済回数」「支払い利息額」などがわかります。

 

プロミス借金返済シミュレーション
>>>http://cyber.promise.co.jp/Pcmain/BPB01Control

 

債務整理の手続きを視野に、借金自体を減らしての返済計画を立てたいという方は、
街角法律相談所が提供している借金減額シミュレーターが一番分かり易いです。

 

街角法律相談所借金減額シミュレーター
>>>https://www.machikado-saimu.info/

 

債務整理に関してはどのようなメリットとデメリットがあるのか、下記の記事でまとめているので参考にしてくださいね。

 

 

 

現状の借金の残額のまま、返済をしていく計画を立てたい方はプロミス、完済の見通しが立たずに月々の返済がキツいという方は街角法律相談所というようにシミュレーションを利用してみてくださいね。

 

そんなに簡単に借金が減るの?」と思う方もいるかもしれませんが、街角法律相談所の借金減額シミュレーターは現在の借入総額や期間、毎月の返済希望額、住宅ローンの有無といった質問に答えることで支払い過ぎていた利息(過払い金)がないか、など、借金を減らす手段が残されているかどうかを調べることができます。

 

 

もし、その提案が魅力的で債務整理の手続きを行う際にも弁護士や司法書士を紹介してくれますし、相談に乗ってもらうことも可能です。ここで紹介してくれる司法書士や弁護士は債務整理における実績がある事務所ですので借金返済のシミュレーションをするのであれば両方やっても損はないと思います。どちらも入力の項目は少ないのでそんなに時間がかかるということもありません。

借金返済の体験談

参考になるかどうかはわかりませんが、僕も過去に借金を背負っていた経験があるのでその時の借金返済方法について少し紹介したいと思います。

 

僕の場合は学生の時からの借金が積もり積もった感じで総額は約180万円程でした。
学生ローンは2社で30万円ずつ、プロミスが100万円で残りは友人です。

 

今考えればよくそんなに借金をしたなと思います。
ただその時はそんなに深刻なことだとは思っていなくてただひたすら毎月適当に最低返済額を振り込んでいました。

 

しかし社会人になってからこれではいかん!と借金返済に本腰を入れることを決意しました。
その時にまず試してみたのがこのサイトでも紹介している借金返済シミュレーションでした。

 

 

友人の借金に関しては利息はないので除外をしてそれ以外の借金で計算してみると
毎月の返済を1万円ずつだとすると5年以上もかかる計算に・・・。

 

 

そこで初めてその時の自分の置かれた状況を理解することができました。
シミュレーションをするとわかるのですが、やっぱり利息が大きいですね。

 

適当に毎月同じぐらいの金額を返済していると感覚的に厳しい状況を理解することは難しいですが、どれだけ利息というものが勿体ないかを痛感しました。これがきっかけとなって僕はたった半年で借金を完済することができました。
もちろん、その半年間の生活は軽い地獄です。

 

 

まず一人暮らしをしていたのをやめて借金のことは上手く隠して親に頭を下げて一時的に実家に戻りました。
そしてそれからは飲み会や遊びの誘いを全て断りました。
仕事をして寝る」このエンドレスループを半年間続けました。

 

 

結果給料の90%ぐらいを借金返済に充てた結果無事完済することができました。
タバコだけはどうしてもやめられず唯一のストレス発散でした。(笑)

 

【参考サイト】
借金がもう限界だと感じた時の対処法
家族に内緒で借金返済していたけれどもう限界・・・。という人のためのサイト

 

まあこれがいいのかどうかはわかりませんが、借金がなくなって利息を支払わなくてよくなると勝手に生活に余裕が出てくることがわかります。

 

債務整理という方法も頭の中には当然ありました。
すぐにでも借金の利息がカットされて、元金のみの支払いである任意整理をしていれば半年よりもっと早い段階で借金を完済できていたでしょう。ただ、僕の頭の中では浪費さえしなければ収入は多少あったので借金返済のシミュレーションをした結果まだなんとかなりそうな状況だったことと、債務整理がそこまでポピュラーな借金解決方法だとはその当時の僕はあまり知らず、ただただ自己破産のマイナスイメージしかありませんでした。

 

きちんと債務整理のメリットとデメリットを理解する余裕もその時はなかったんですね。

 

おそらく収入が20万円ぐらい低かったら債務整理していたと思います。
結構学生の頃からクズな生活をしてきたので周りには借金を抱えている人がたくさんいてそれぞれ大学卒業後の借金返済に追われていましたが、やはり債務整理をした人が立ち直りが一番早かったですね。中には借金を踏み倒して韓国まで逃げてから戸籍を変えて日本に戻ってくるという強者もいました(笑)

 

 

最後の話は真似できる人は普通の人にはまずいないと思いますが、借金の返済がすでに貸金業者の融資枠を自転車操業で回している状態や、シミュレーションをしても借金返済額と収入のバランスが合わないという方は債務整理が一番早く平穏な心を取り戻すことができる方法だと思います。

 

 

とにもかくにもまずは今の自分の置かれた状況を冷静に分析することがおそらく重要でそのために借金返済シミュレーションはとても有効だと思います。

 

>>>今すぐ借金解決診断シミュレーションをする方はクリック

住宅ローンの返済シミュレーション

住宅ローンの返済シミュレーションの場合は上記で紹介した借金返済シミュレーションだと計算しにくいと思います。
元利均等返済・元金均等返済といった返済方法の種類や、ボーナス月の返済も考慮しないといけないですからね。

 

住宅ローンの返済シミュレーションは「イー・ローンのシミュレーション」がシンプルで使いやすいと思います。

 

>>>イー・ローンの住宅ローン返済額シミュレーション

 

住宅ローンを含めた借金の返済が難しいという場合は借金減額シミュレーションでも返済に関するアドバイスをもらうことができます。債務整理の場合、自己破産以外の減額方法なら住宅を残したまま借金を減らすことも可能です。

 

借金減額方法以外にも住宅ローンのリスケを考えてもいいかもしれませんね。

 

【参考記事】
住宅ローンが払えない場合はリスケも可能

自分でない人に借金返済シミュレーションを試す

僕は自らが借金を抱えていたのですが、もし家族や友人に借金を抱えている人がいた場合に借金返済シミュレーションをしてあげることでもしかしたら借金生活から抜け出すきっかけになるかもしれません。

例えばよくある話で結婚後に旦那さんや奥さんが借金をしていた場合にその借金のせいで家計が破綻してしまっているという場合は、それこそ借金減額診断シミュレーションをさせてはいかがでしょうか?債務整理をすることでブラックになりますが、ブラックになるのはあくまでも本人だけです。これが何を意味するかというと、ブラックになれば債務整理の種類によって異なりますが新たに借り入れやローンを組むことができなくなります。もし散々借金について注意してきたのに無断で借金を繰り返してしまうという場合、強制的に借金を作ることができない状況を作ることができます。

 

【参考記事】
債務整理後の借り入れは可能?

 

さらに借金を減らすことができるわけですからメリットだらけです。
将来的に住宅ローンを組みたいという場合は共働きなら自分の名義でも組むことができますし、債務整理をした後でも5年〜10年程度の間に借金返済と同時にコツコツと頭金を貯金していたりすれば住宅ローンを組むこともできます。
無闇に肩代わりするよりはよっぽどいいでしょう。

 

 

友人の場合はそこまで介入するべきか?は関係性によって変わりますが、普通に返済シミュレーションをしてあげて、いかに利息を支払うのが勿体ないことかを力説すれば、完済に向けてのきっかけになるかもしれません。