借金返済Q&A

借金返済Q&A記事一覧

お金に関連する内容は必要となる書類をきちんと掲載していくという行動が不可欠になり、必ず事前に用意しておくことが重要です。目安になる情報を見聞きしていきながら、法的な内容に詳しい弁護士や司法書士へ相談をすることが大事であることから、スムーズな中身を確認する姿勢が大切になっています。さらにタイミングに関連する情報を調べながら、借金の金額や借入の年数を比較していくことが重要であるため、現状の内容に合う情...

借金があまりに大きくなってしまった場合は、債務整理をして借金への対応をします。この方法は効率よく借金を減らすことができますが、借金を踏み倒す事になるので金融機関の評価が下がります。債務整理後の借り入れは非常に難しくなっており、一般的な金融機関ではまずお金を貸してくれません。ただし中小の金融機関ならば借りられることもあり、安定した収入などがあれば利用できることも多いです。なぜ債務整理後に借金ができな...

任意整理は債権者との和解を行い、今後の金利を免除してもらい、返済計画に従って元金分を支払っていくというものです。借金そのものは残りますが、金利がカットされる、支払うお金を無理のない金額で設定できるなどのメリットもあるため、裁判所を通じた債務整理を行いたくないという場合には便利な方法となります。しかし、任意整理後でも事故や病気などで働くことができず収入がなくなり返済が難しくなった、失業した、会社の業...

パートナーが内緒で借金した場合、返済義務はすべてパートナーにあります。子供が親の借金返済をする義務がないように、パートナーの借金を肩代わりする必要もないのです。奨学金なども同様であり、借りた人が返済するのが義務です。何より安易に借金の肩代わりをすることは相手のためにもなりません。返済できなくなっても誰かが肩代わりしてくれると考えれば、再び借金を繰り返すことにもなるでしょう。そもそも借金とは、返済能...

30年以上支払うことになる住宅ローンは、リストラや倒産など今まで働いていた会社を追い出された状態となっても容赦なく支払わされることになります。その後、別の会社に就職し、今までの給料より少なくなることはよくあります。そうなってしまうと、住宅ローンを払えない状態となり、最悪の場合は今まで暮らしていたマイホームを手放すことになってしまいます。そうしたことを避けていくためにリスケジュール、いわゆるリスケを...

債務整理は、法律に則って借金を整理していくことを指しています。借金に関する問題を解決していくためには、色々な法律についての知識が求められますが、債務整理の手続きを踏むと借金の取り立てが止まったり、借金の金額が減ったりすることになります。債務整理の手続きには、大まかに分類すると債権者と債務者が当事者同士で話し合いをする任意整理と、個人再生や特別調停、自己破産など裁判所に申し立てを行う必要がある法的整...

借金をする側、そして、お金を貸す側双方にとって忘れてはならないのが時効についてです。時効を理由に借金を返さなくて済むケースが出てきてしまい、特に個人間でのやり取りにおいて頻繁に発生しています。そのため、借りる側、貸す側ともに知っておくことが大切です。この場合における時効は消滅時効と呼ばれており、一定期間、権利を行使しなかった場合、その権利を消滅させるというものです。商取引、いわゆる銀行や消費者金融...