住宅ローンが払えない場合はリスケも可能

住宅ローンが払えない場合はリスケも可能

30年以上支払うことになる住宅ローンは、リストラや倒産など今まで働いていた会社を追い出された状態となっても容赦なく支払わされることになります。

 

その後、別の会社に就職し、今までの給料より少なくなることはよくあります。
そうなってしまうと、住宅ローンを払えない状態となり、最悪の場合は今まで暮らしていたマイホームを手放すことになってしまいます。
そうしたことを避けていくためにリスケジュール、いわゆるリスケをしていくことになります。

 

 

リスケとは、今まで支払ってきた住宅ローンの支払いを見直し、改めて返済計画を作り出すというものです。
例えば、月に10万円の返済、そしてボーナス払いもしてきたものを、月に8万円、そしてボーナス払いをなくすというものに変えて、それで返済を続けていくことになります。

 

 

当然ながら返済期間は延びることになりますが、確実に返済するという意志を金融機関に見せることがこの場合では大事です。
もちろん銀行にとってはこうしたリスケになかなか応じないところもありますが、強硬にリスケを拒絶したとしても、もし返済が滞ってしまえば意味がなく、1円でも多く回収し、それでもダメなら売ってもらうしかないという方針となることが多く、今住んでいる家を守る1つの方法として機能しています。

 

 

リスケを成功させるには、返済していく気持ちが強いことを示す必要があります。
返済が滞って金融機関から催促の電話がかかる前に、実はこのような状態だと言っておけば、その気持ちが本物であることを伝えることができます。

 

一方、散々逃げ回り、いきなりリスケを言いだされても、そう簡単に金融機関は首を縦に振らないため、いかに誠意を見せていくかが大事になります。


関連ページ

債務整理を行う目安やタイミング
債務整理を行うべき目安やタイミングというものがあってもしそのタイミングを逃してしまうと手遅れになってしまう可能性があります。
債務整理後の借り入れは可能?
債務整理をした後に急にお金が必要になった場合、新たに借り入れをすることができるのか、また何か制限のようなものがあるのかなどについて調べてみました。
任意整理でも返済できなかった場合自己破産は可能?
一度債務整理の手続きの任意整理を行ったけれど減額された借金を返済することができなかった場合に自己破産をして借金を清算することは可能なのでしょうか?
パートナーが内緒でした借金を肩代わりする必要はある?
借金の怖いところは自分で散財してしまうだけではなく自分が使ってもいないお金でも返済する義務が生じてしまう場合があることですが、今回はパートナーが内緒で借金をしていた場合について紹介しています。
債務整理をする際の債権者との交渉はどうやる?
債務整理の中には自分で債権者との交渉を行って利息や借金を減額する手続きがありますが、その交渉においてどのように進めればいいのか紹介しています。
借金の時効について
現実的にはあまり考えられませんが、借金問題を解決するための一つの手段として借金の時効が切れるまで放置する、つまり逃げ切るような手段もありますが、その際に重要になる借金の時効について紹介しています。