債務整理をする際の債権者との交渉はどうやる?

債務整理をする際の債権者との交渉はどうやる?

借金返済シミュレーションで推奨される債務整理は、法律に則って借金を整理していくことを指しています。
借金に関する問題を解決していくためには、色々な法律についての知識が求められますが、債務整理の手続きを踏むと借金の取り立てが止まったり、借金の金額が減ったりすることになります

 

 

債務整理の手続きには、大まかに分類すると債権者と債務者が当事者同士で話し合いをする任意整理と、個人再生や特別調停、自己破産など裁判所に申し立てを行う必要がある法的整理があります。

 

参考記事:それぞれの手続きのメリットとデメリット

 

また借金を全て返済した後に、払い過ぎていた利息を返還を求める手続きは債務整理には含まれません。
どの手続き方法を選択するかは、債務者の返済能力や借金の金額などの状況によって違ってくるため、手続きを依頼された弁護士などが一番良い方法を選択して債務者の生活の立て直しを支援してくれます。

 

 

債務整理を弁護士に依頼すると、手続きが始まるのと同時に依頼を受けた弁護士が債権者に、受任通知の発行して、債務者との取引の履歴情報を開示するように請求するため、受任通知を債権者が受け取った時点で借金の取り立てがなくなり、交渉がまとまるまで返済する苦しみから解放されます

 

 

任意整理の手続きをとる場合は、弁護士が代理人となって債権者との交渉を行ってくれますが、個人再生や特別調停、自己破産などの法的整理では債務者とは交渉ではなく、裁判所での法的手段に沿って債務額が減額されたり、免責されたりすることになります

 

 

債権者と債務者が同じ法廷には立つものの、会話は裁判官を介して行われ、弁護士も仲介してくれます。
債務整理の手続きをすると、信用情報にその事実が残ることになるため、いわゆるブラックリストに載ることとなり、しばらくは新規に借金ができなくなります。

 

 

>>>今すぐ借金返済のシミュレーションをしてみる


関連ページ

債務整理を行う目安やタイミング
債務整理を行うべき目安やタイミングというものがあってもしそのタイミングを逃してしまうと手遅れになってしまう可能性があります。
債務整理後の借り入れは可能?
債務整理をした後に急にお金が必要になった場合、新たに借り入れをすることができるのか、また何か制限のようなものがあるのかなどについて調べてみました。
任意整理でも返済できなかった場合自己破産は可能?
一度債務整理の手続きの任意整理を行ったけれど減額された借金を返済することができなかった場合に自己破産をして借金を清算することは可能なのでしょうか?
パートナーが内緒でした借金を肩代わりする必要はある?
借金の怖いところは自分で散財してしまうだけではなく自分が使ってもいないお金でも返済する義務が生じてしまう場合があることですが、今回はパートナーが内緒で借金をしていた場合について紹介しています。
住宅ローンが払えない場合はリスケも可能
住宅ローンの返済が滞ってしまった場合、債務整理の手続きをすることも可能ですが、その前にリスケをして返済スケジュールを組み直すことも可能です。
借金の時効について
現実的にはあまり考えられませんが、借金問題を解決するための一つの手段として借金の時効が切れるまで放置する、つまり逃げ切るような手段もありますが、その際に重要になる借金の時効について紹介しています。