任意整理をした後に自己破産は可能?

任意整理をした後に自己破産は可能?

借金減額診断シミュレーションをすると任意整理という借金解決方法を使って返済していく結果が出てくることもありますが、任意整理は債権者との和解を行い、今後の金利を免除してもらい、返済計画に従って元金分を支払っていくというものです。

 

借金そのものは残りますが、金利がカットされる、支払うお金を無理のない金額で設定できるなどのメリットもあるため、裁判所を通じた債務整理を行いたくないという場合には便利な方法となります。

 

しかし、任意整理後でも事故や病気などで働くことができず収入がなくなり返済が難しくなった、失業した、会社の業績が思わしくなく収入が減ったなど、何らかのトラブルが発生することもあります。

 

 

提示した和解案は収入に変更がなく、安定していた状態での話であるため、トラブルが起これば当然ながら返済計画は狂うことになります。

 

 

任意整理は回数や相手にする業者の数に制限はありませんが、一度でも和解した業者は態度が硬化しているため再び任意整理を行うのは困難です。

 

 

こうなると返済は不可能、任意整理もできないといった理由から自己破産を検討することになります。
自己破産は免責許可の決定が確定してから7年間は、再び自己破産を行うことができないとされますが、任意整理や個人再生とは対象が異なるので実行することが可能となっています。

 

 

つまり、任意整理や個人再生などによって借金を軽減できても、何らかのトラブルに見舞われ返済が困窮した場合は、自己破産による免責許可を受けることは認められています。

 

 

ただし、自己破産にも免責不許可事由というものがあり、投資の失敗によるものやショッピングによる散財、ギャンブルによる借金を作ったといった場合には申し立てができても認められない場合もあります。

 

 

また、土地や建物といった資産がある場合は、これらを処分して残債に充てるといったデメリットもあるので、それらを理解して実行するようにしましょう。

 

 

>>>今すぐ借金返済のシミュレーションをしてみる


関連ページ

債務整理を行う目安やタイミング
債務整理を行うべき目安やタイミングというものがあってもしそのタイミングを逃してしまうと手遅れになってしまう可能性があります。
債務整理後の借り入れは可能?
債務整理をした後に急にお金が必要になった場合、新たに借り入れをすることができるのか、また何か制限のようなものがあるのかなどについて調べてみました。
パートナーが内緒でした借金を肩代わりする必要はある?
借金の怖いところは自分で散財してしまうだけではなく自分が使ってもいないお金でも返済する義務が生じてしまう場合があることですが、今回はパートナーが内緒で借金をしていた場合について紹介しています。
住宅ローンが払えない場合はリスケも可能
住宅ローンの返済が滞ってしまった場合、債務整理の手続きをすることも可能ですが、その前にリスケをして返済スケジュールを組み直すことも可能です。
債務整理をする際の債権者との交渉はどうやる?
債務整理の中には自分で債権者との交渉を行って利息や借金を減額する手続きがありますが、その交渉においてどのように進めればいいのか紹介しています。
借金の時効について
現実的にはあまり考えられませんが、借金問題を解決するための一つの手段として借金の時効が切れるまで放置する、つまり逃げ切るような手段もありますが、その際に重要になる借金の時効について紹介しています。