債務整理後の借り入れは可能?

債務整理後の借り入れは可能?

借金返済シミュレーションを試してみて、借金があまりに大きくなって返済が困難な場合は、債務整理をして借金への対応をします。この方法は効率よく借金を減らすことができますが、借金を踏み倒す事になるので金融機関の評価が下がります

 

 

債務整理後の借り入れは非常に難しくなっており、一般的な金融機関ではまずお金を貸してくれません。
ただし中小の金融機関ならば借りられることもあり、安定した収入などがあれば利用できることも多いです。
なぜ債務整理後に借金ができなくなるのかというと、それは借金を踏み倒した記録が残るからです。

 

 

このような情報は特定の団体のデータベースに記録されており、そのデータはすべての金融機関が見ることができます。
そのため特定の金融機関から借りたお金を踏み倒した場合は、全ての金融機関がその情報を知ることになります。
ただこのような情報は永遠に残るわけではなく、5年から10年ほどたてば記録は消えます。

 

 

そういう所がありますから数年間はお金を借りられなくなりますけど、ずっと借り入れができないわけではないので安心していいです。
債務整理後にお金を借りるときは、条件の緩い金融機関ならばお金を貸してくれることもあります。

 

 

しかしその時は一般の人に比べて利息の負担が大きくなるなどの、ペナルティが発生するケースも存在します。
そのようなリスクはありますがうまく利用できれば、お金を借りられることも多いです。

 

 

債務整理後の借り入れは難しいですが、利用する金融機関を選べば不可能ではありません。
その時は中小の金融機関を使うと良く、そのようなところならば相談に乗ってくれることがあります。
ただ闇金のような所は利用してはいけないので、そういう犯罪組織と関わっているところからはお金を借りてはいけません。

 

 

>>>今すぐ借金返済のシミュレーションをしてみる


関連ページ

債務整理を行う目安やタイミング
債務整理を行うべき目安やタイミングというものがあってもしそのタイミングを逃してしまうと手遅れになってしまう可能性があります。
任意整理でも返済できなかった場合自己破産は可能?
一度債務整理の手続きの任意整理を行ったけれど減額された借金を返済することができなかった場合に自己破産をして借金を清算することは可能なのでしょうか?
パートナーが内緒でした借金を肩代わりする必要はある?
借金の怖いところは自分で散財してしまうだけではなく自分が使ってもいないお金でも返済する義務が生じてしまう場合があることですが、今回はパートナーが内緒で借金をしていた場合について紹介しています。
住宅ローンが払えない場合はリスケも可能
住宅ローンの返済が滞ってしまった場合、債務整理の手続きをすることも可能ですが、その前にリスケをして返済スケジュールを組み直すことも可能です。
債務整理をする際の債権者との交渉はどうやる?
債務整理の中には自分で債権者との交渉を行って利息や借金を減額する手続きがありますが、その交渉においてどのように進めればいいのか紹介しています。
借金の時効について
現実的にはあまり考えられませんが、借金問題を解決するための一つの手段として借金の時効が切れるまで放置する、つまり逃げ切るような手段もありますが、その際に重要になる借金の時効について紹介しています。