債務整理の種類とそれぞれのメリットデメリット

債務整理の種類は全部で3つ!

債務整理の種類は大きくわけて以下の3つになります。

 

・任意整理
・個人再生
・自己破産

 

この他に、裁判所を通して行う特定調停や過払い金請求も債務整理の種類に含める場合もあります。
しかし、特定調停に関してはデメリットも多く実際の債務整理の種類の選択に関しても特定調停なら任意整理を選ぶ人が圧倒的に多く、過払い金請求に関しては、単独で行うこともあれば、任意整理や個人再生の手続きの一環として行うこともあるのでこの二つの手続きは分けて考えています。

 

 

このカテゴリーではそれぞれの債務整理の種類のメリットとデメリットについて紹介しているので参考にしてくださいね。

債務整理の種類記事一覧

比較的少額の借金を整理する方法として任意整理がよく選ばれます。任意整理のメリットは、整理したいローンだけを選択できることにあります。個人再生や自己破産の場合はすべての債権者が対象になりますが、任意整理は整理したいローンだけを選び、除外したいローンの指定もできるのです。例えば担保や保証人の設定をしているローンについては、除外したいと考えることが多いでしょう。個人再生や自己破産で整理する場合は、担保・...

個人再生を行うメリットやデメリットにはどのようなことがあるでしょうか。まずご自身の現在残っている借金を大幅に減らすことができます。ただ減額できるとは言っても自己破産のケースとは異なり手続きをすれば借金がすべて無くなるというわけではありません。自己破産で免責不許可事由に該当する場合は借金が免除されないので、どうせ免除されないのであれば個人再生をするということが認められているということです。しかも個人...

借りたお金は返済をしなければいけませんが、どうやっても返済が難しい時は借金の整理を行います。その時に利用できる方法には色々なものがありますけど、一番効果があるのは自己破産です。この借金の整理方法は全ての負債をなくすことができるので、借金が非常に大きくなってしまった時に便利です。ただしこのようにメリットの大きい方法である分、利用する時のデメリットも存在します。自己破産のデメリットとしてあるのは特定の...

特定調停は簡易裁判所を利用して債務を圧縮する手続きで、裁判所が指定する調停員を間に挟み、債権者と債務者が話し合って債務の削減や分割払いといった方策で和解します。基本的に弁護士が間に入って和解案を出す任意整理と同じようなもので、大きく違うところは間に入るのが裁判所であること、交渉時には債務整理案を作成し、決定すると調停調書が作成されるという点でしょう。この調停調書は確定判決と同じ効力が認められている...

借金返済シミュレーションをした時にキャッシングで払いすぎた利息があるなら、過払い金請求をして取り戻しましょう。過払い金として戻ってくるのは、利息制限法を超えて支払ったグレーゾーン金利分です。例えば、現在は100万円以上借りた場合の金利は15.0%以下に定められています。過去に100万円を25.0%で借りていたなら、10.0%分が過払いとなり戻ってくるのです。ただ、何もせずに自動的に返還されることは...