自己破産におけるメリットとデメリットは?

自己破産のメリットとデメリットをまとめてみました

借りたお金は返済をしなければいけませんが、どうやっても返済が難しい時は借金の整理を行います。

 

その時に利用できる方法には色々なものがありますけど、一番効果があるのは自己破産です。

 

この借金の整理方法は全ての負債をなくすことができるので、借金が非常に大きくなってしまった時に便利です。

 

 

ただしこのようにメリットの大きい方法である分、利用する時のデメリットも存在します。
自己破産のデメリットとしてあるのは特定の仕事につけないことで、弁護士などの仕事にしばらくの間つくことができなくなります
ただし就ける仕事の制限はそれほど厳しくはなく、一般的な仕事ならばほとんどすることができます。

 

 

そのため仕事につけないリスクは小さいのですが、この手続きをする時はどのような条件があるのか確認をした方がいいです。
他のデメリットとしてあるのは、金融機関からの借入が難しくなることです。

 

 

自己破産は借金をすべてなくすことができるメリットがありますが、
その分お金を貸していた金融機関は損をすることになります。

 

 

そのため金融機関は破産処理をした人物をブラックリストに載せて、お金を貸すリスクがある人物だと認定します。
そうなると全ての金融機関からお金を借りられなくなり、住宅ローンなども組めなくなります。

 

 

また他の点でも問題点は存在していて、それは連帯保証人の借金までは減らないことです。
この手続きは自分の借金をゼロにすることはできるのですが、そうなると連帯保証人の方に借金の負担が移ります。
そうなった場合は保証人が全額借金を支払うことになるので、よく考えてからこの手続きをした方がいいです。

 

 

自己破産は借金の全てを無くすことができるメリットのあるものですが、その分デメリットも強くあるので注意が必要です。

 

 

>>>今すぐ借金返済のシミュレーションをしてみる


関連ページ

任意整理のメリットとデメリット
債務整理の手続きの中でも任意整理は比較的ハードルが低いので手続きを行う人も多いです。そんな任意整理のメリットとデメリットについてまとめてみました。
個人再生のメリットとデメリット
借金を減らす債務整理手続きの中の個人再生の手続きにおいて、メリットやデメリットとなる事柄についてまとめてみました。
特定調停について
債務整理における特定調停という手続きがどのようなものなのかについて調べてみましたので参考にしてくださいね。
過払い金請求とは?
債務整理の手続きをする時に付随する手続きとして過払い金請求がありますが、どのようなものなのかについて紹介しています。