過払い金請求について

過払い金請求とは?

借金返済シミュレーションをした時にキャッシングで払いすぎた利息があるなら、過払い金請求をして取り戻しましょう。

 

過払い金として戻ってくるのは、利息制限法を超えて支払ったグレーゾーン金利分です。

 

 

例えば、現在は100万円以上借りた場合の金利は15.0%以下に定められています。
過去に100万円を25.0%で借りていたなら、10.0%分が過払いとなり戻ってくるのです。

 

 

ただ、何もせずに自動的に返還されることはなく、過払い金請求という手続きを踏まなくてはいけません。
過払い金請求の手続きは自分で行うこともできますが、弁護士を通して行うのが一般的です。
弁護士に依頼するメリットは、依頼者が債権者と交渉する必要がないことです。

 

 

また自分で手続きする場合よりも、多くの金額を回収できる可能性が高くなります。
自分で回収した場合、数%しか回収できないという話も多いです。

 

 

弁護士に依頼すれば半分以上は回収できることが多いので、過払い金請求の経験豊富な法律事務所に依頼をしましょう。
うまくいけば100%の返還も可能であり、現在利用中のローンを全額返済できる可能性もあります。

 

 

過払い金請求はすでに完済したローンに対しても行えるので、ローン契約完了から10年以内に手続きをしてください。
10年を経過すると時効となって、回収することができなくなります。

 

過払い金請求は債務整理とは別物で、場合によってはブラックリストに載る心配はありません。
かつては債務整理と同じ扱いをされていましたが、現在はブラックになる心配はないので、過払い金請求をすることにリスクはありません。

 

 

弁護士費用は回収額の25%程度が一般的であり、この場合だと75%は自分の手元に入ります。弁護士に依頼をして損をすることはないので、安心して依頼をしましょう。

 

 

>>>今すぐ借金返済のシミュレーションをしてみる


関連ページ

任意整理のメリットとデメリット
債務整理の手続きの中でも任意整理は比較的ハードルが低いので手続きを行う人も多いです。そんな任意整理のメリットとデメリットについてまとめてみました。
個人再生のメリットとデメリット
借金を減らす債務整理手続きの中の個人再生の手続きにおいて、メリットやデメリットとなる事柄についてまとめてみました。
自己破産のメリットとデメリット
自己破産は債務整理の中でも最終手段とも言える手続きになり、借金がなくなるというメリットの代わりにデメリットもあるのです。
特定調停について
債務整理における特定調停という手続きがどのようなものなのかについて調べてみましたので参考にしてくださいね。