個人再生のメリットとデメリットをまとめてみました

個人再生のメリットとデメリットは?

個人再生を行うメリットやデメリットにはどのようなことがあるでしょうか。

 

まずご自身の現在残っている借金を大幅に減らすことができます。
ただ減額できるとは言っても自己破産のケースとは異なり手続きをすれば借金がすべて無くなるというわけではありません。

 

自己破産で免責不許可事由に該当する場合は借金が免除されないので、どうせ免除されないのであれば個人再生をするということが認められているということです。

 

しかも個人再生の方は自己破産の場合に比べて宅地建物取引主任者や旅行業務取扱主任者などの資格を取り消されることがありません。
これもメリットの一つと言えるでしょう。
さらにマイホームを残すことも可能となっています。

 

このため、住宅を維持しながら住宅ローンの支払いを継続していくことができます。
債権者からの返済の催促も今後無くなるので精神的な負担も軽減されます。

 

 

では一方で個人再生のデメリットにはどのようなことがあるでしょうか。
まず個人再生を利用する上での条件が厳しいという点が挙げられます。
というのも継続的な収入、もしくは定期的な収入が個人再生を利用する上での条件となっているからです。

 

このため、現在失業中の方は個人再生を利用することがほぼ不可能となっています。
最低限パートやアルバイトであれば利用できる場合があります。

 

また個人再生は手続き上、裁判所に申し立てを行うのでどうしても手続きが厳格になり、また必要とされる書類の量も多くなります。

 

そのためどうしても手続きに時間がかかってしまいます。費用もかかります。
他の債務整理にかかる費用に比べて一番高くなります。

 

 

これもデメリットになります。
それ以外にも保証人の負担分については考慮されないというデメリットがあります。
このため、このようなことを十分に踏まえた上で手続きを行うようにしてください。

 

 

>>>今すぐ借金返済のシミュレーションをしてみる


関連ページ

任意整理のメリットとデメリット
債務整理の手続きの中でも任意整理は比較的ハードルが低いので手続きを行う人も多いです。そんな任意整理のメリットとデメリットについてまとめてみました。
自己破産のメリットとデメリット
自己破産は債務整理の中でも最終手段とも言える手続きになり、借金がなくなるというメリットの代わりにデメリットもあるのです。
特定調停について
債務整理における特定調停という手続きがどのようなものなのかについて調べてみましたので参考にしてくださいね。
過払い金請求とは?
債務整理の手続きをする時に付随する手続きとして過払い金請求がありますが、どのようなものなのかについて紹介しています。