特定調停の手続きの特徴を知っておこう

特定調停って何?

特定調停は簡易裁判所を利用して債務を圧縮する手続きで、裁判所が指定する調停員を間に挟み、債権者と債務者が話し合って債務の削減や分割払いといった方策で和解します

 

基本的に弁護士が間に入って和解案を出す任意整理と同じようなもので、大きく違うところは間に入るのが裁判所であること、交渉時には債務整理案を作成し、決定すると調停調書が作成されるという点でしょう。

 

 

この調停調書は確定判決と同じ効力が認められているため、調停が成立した後で支払いができなかった場合でも、債権者は訴訟を起こすことなく、調停調書に基づいて直ちに強制執行が行えるものとなっています。

 

 

つまり、何らかのトラブルによって支払いが困難であったとしても、債権者は強制的に給与の差し押さえなどを実行することが可能ということです。

 

 

調停が成立すると債務者は借金の返済に対して楽になることから、つい気が緩みがちになってしまいますが、支払いが滞れば厳しい取り立てが行われるようになるので気をつけなくてはいけません。

 

債権者との交渉は基本的に調停委員が行ってくれるため、専門的な知識は必要なく、簡単に利用できるというメリットがあります。

 

既に強制執行がなされている場合でも、民事執行停止の申し立てによって停止させることができる場合もあります。
ただし、特定調停で相手をした債権者だけにしか効力は及ばないので、他にもいくつかの借金を抱えている場合は、それぞれに別途交渉を行う必要があります。

 

 

たとえ裁判所が執り行う調停であったとしても、必ずしも債権者が協力的であるとは限らず、調停に現れないといった問題も起こります。
こうなると調停自体が無効となってしまい、債務を圧縮するといったことは不可能なので、別の方法を模索する必要があります。
>>>今すぐ借金返済のシミュレーションをしてみる


関連ページ

任意整理のメリットとデメリット
債務整理の手続きの中でも任意整理は比較的ハードルが低いので手続きを行う人も多いです。そんな任意整理のメリットとデメリットについてまとめてみました。
個人再生のメリットとデメリット
借金を減らす債務整理手続きの中の個人再生の手続きにおいて、メリットやデメリットとなる事柄についてまとめてみました。
自己破産のメリットとデメリット
自己破産は債務整理の中でも最終手段とも言える手続きになり、借金がなくなるというメリットの代わりにデメリットもあるのです。
過払い金請求とは?
債務整理の手続きをする時に付随する手続きとして過払い金請求がありますが、どのようなものなのかについて紹介しています。